仲介業務

仲介業は人と人を繋ぐお仕事だと考えています。
大生ホームは、長く仲介業務をメインに不動産業に携わってきております。
契約書を作成し、契約を締結させ、更に仲介手数料を取るという事が仲介のお仕事と考えられることが多く、仲介業というとあまり良い印象ではないかもしれません。だからこそ、ホームページで仲介業と名乗る業者は少ないかもしれません。
しかし、弊社では仲介をさせていただく事に関して、人と人、物件と物件を繋ぐお仕事だと考えて 誇りと誠意を持ってお仕事をさせて頂いております。

そもそも仲介業って何ですか?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。
仲介業というのは、不動産の売買や賃貸借に関して、両当事者の間に立ち売買契約や賃貸借契約の成立を手助けする仕事の事を言います。
仲介業者の業務とは
・当事者から売買や賃貸借の相談を受けてから正式に依頼されるまでの業務(商品化)
・正式に依頼されてから売買や賃貸借の相手先を見つけるまでの業務(販売)
・相手先を見つけてから売買契約や賃貸借契約を行い決済と引き渡しを行う業務(契約・引渡し)
の3つの事をメインに仕事をしております。
お客様やオーナー様の不安やトラブルを防ぐ為に商品化や販売の業務に多くの時間を費やし、契約や引渡しの際には商品化や契約・引渡しの業務の中で最終的に当事者同士が間違いなく契約や不動産の引渡しをできるようにお手伝いをさせていただいております。

「仲介手数料」について

仲介業者は、上に説明したような業務を時間と労力を掛けて行います。短期間で成就するものでも数ヶ月、長期に及ぶものは1年~2年と及び長期間掛かる場合も少なくありません。お客様は、仲介業者を不動産のプロとして信頼して依頼し、仲介業者はプロとして業務にあたります。その際、万一トラブルや損害等が発生した場合は、責任を持って対応と解決を図ってまいります。仲介業者はお客様の要望に応えられるように、新しい情報を提案できるようにと企業努力をしてまいります。
上記のような業務をする事に対して仲介業者の業務と責任から手数料3%、賃貸借の場合は賃料の1ヶ月が上限が定められているものであり、決して高いものではないと思います。
なお、仲介手数料は成功報酬です。ですので、仲介業者がどんなに努力をして時間を掛けても、取引が成就しなければ報酬は原則として一切申受けることはできません。
※条件によって多少異なる場合がございますのでご不明点はお気軽にお尋ね下さい。

「仲介手数料無料」や「仲介手数料の値引き」について

最近よく「仲介手数料無料」などの広告をよく街中でも見かけることがあると思います、ですが当社では、「仲介手数料無料」等のサービスはしておりません。
あえて「しない」とお伝えするのには きちんとした仕事をするのに「無料」や大幅な値引きをしてはきちんとした仕事が出来ないという事をきちんとお伝えした方が誠意あると考えているからです。
では、よくある「仲介手数料無料」についてはどういうことなのか?という事なのですが、純粋に企業努力でされている業者さんもいらっしゃるかと思いますが 実際のところは仲介に入りたいが為に安易に手数料無料や値引きをするような業者も居ます。そういう仲介業者はえてして最後まで責任を果たさない場合が多く 当事者同士が納得しない内容での契約となってしまい事やトラブルとなってしまう事が少なくないと耳にします。

「仲介業者はどんな相談にのってくれるんですか?」

これは会社によって異なりますが、当社では事業用から住宅まで幅広い相談をお受け致します。
当社の得意分野はどちらかと言いますと「事業用」となりますが、勿論その他の住宅等についても基礎知識や経験がございますので、不動産についての疑問や不安等 お気軽にご相談下さい。

「仲介業者に事情等を相談して大丈夫?」

仲介業者がお客様の秘密を他で話すことはありませんので、どうぞご安心下さい。
仲介業者は取引の中で知りえた不動産に関わること以外は守秘義務を負っており、不動産そのものに関わる事項以外、取引の相手方に対して不利となるような事情を話すことはありません。逆に対象の不動産に関する情報や事情を仲介業者を秘密にしてしまうことでトラブル等があった場合に仲介業者として責任がとることが出来なくなる事がございます。仲介業者とオーナー様が一緒にお持ちの不動産を考える事で有効活用や新しい買主様(借主)様への仲介がスムーズに行われます。是非ご安心下さい。

「仲介業者を使うことでどんなメリットがあるの?」

仲介業者は、不動産のプロです。
仲介業者を使わないということは、「権利関係の調査 」「法規制の調査」「価格の決定 」「取引相手を探す」「取引条件の制定」「トラブルがあった際の対応」等の全てをご自身で解決する事となります。この問題を全て解決できるということであれば、正直仲介業者に依頼をする必要は全くありません。
しかし、すべての事をご自身で行うことは経験や知識がないと難しいことだと思います。この不安や手間をお受けするのが仲介業者ですので、ご依頼をお考えいただければと思います。

「仲介業者が持つ責任とは?」

不動産取引において、仲介業者は「重要事項説明書」をお渡しする事となります。
「重要事項説明書」の中に取引に必要な内容、不動産に関して確認できたことを記載し、それを双方に説明することが義務付けられています。その際に説明漏れがあった場合や調査不足でトラブルや損害が発生した場合は仲介業者の責任となります。但し、取引の対象となる不動産に関する事情を当事者が話さなかった等の事情によるトラブルはその限りではありません。
また、仲介業者は決済・引き渡し完了後のクレームなどにも対応いたします(但しお取引後、一定の期間が過ぎた場合は取引の関係を調査した後の対応となります)

u_banner_tel


Copyright(c) 2014 大生ホーム All Rights Reserved.